« 日本はTPPを批准してはいけない | トップページ | 漁業への影響 »

2016年9月20日 (火)

約束はどこへ? 反故にされた国会決議

9a

9b
 守られたものなど一つもありません。TPPでは、これまでのFTAと異なり、関税の撤廃・削減をしない「除外」や「再協議」の規定が存在せず、すべての農産物が関税撤廃の対象となります。

 日本の農産物のうち高関税のものは、重要5品目(米、麦、牛・豚肉、乳製品、砂糖)などごく一部にすぎません。これらの重要農産物は、地域や国土の保全、国民生活に大きな影響を与えるため、TPPに関する国会決議は、米麦牛肉&豚肉牛乳砂糖は、関税の撤廃・削減をしないことを求めていたのです。しかし、政府はこの決議に反し、重要5品目の29%(170品目)で関税撤廃に合意しました。野党が「無傷のものはいくつあるか」と追及すると、政府は、税率を維持したとするものも含め、すべての品目に手をつけたことも認めました。重要5品目以外では、じつに98%の品目で撤廃されます。

 政府が「例外」とする、即時の撤廃を免れたものには、さまざまな悪条件を押し付けられました。牛・豚肉の関税は大幅に引き下げられ、輸入肉との価格差を考慮すれば実質ゼロで壊滅的な影響を受けます。米、麦、乳製品、砂糖については輸入枠が新設されます。日本は現在、水田面積の4割で減反しながら、WTOの下で年間77万トンの米を輸入していますが、TPPで輸入枠がさらに8万トン近く増えます。輸入が急増した際に関税を一時的に引き上げるセーフガードも発動が著しく難しく、すべて期限付きです。

 さらにとどめを刺すのが、日本だけが農産物輸出国5か国と約束した、発効7年後の見直し協議です。5か国の平均関税撤廃率は99.8%。日本がさらに厳しい譲歩を強いられるのは必至です。(岡崎衆史)

« 日本はTPPを批准してはいけない | トップページ | 漁業への影響 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2413301/67577762

この記事へのトラックバック一覧です: 約束はどこへ? 反故にされた国会決議:

» ◆稲刈りが半分済みました/絶好の秋晴れの日 [てらまち・ねっと]
 今年は9月に雨が多かったから、稲刈りが遅れる見込みでいた。それが意外に遅れずにきた。  そこで、「17日月曜日が雨」との天気予報を前提に、昨日16日に半分を稲刈り。絶好の秋晴れの日  実際の稲刈り自体は若い二人がやってくれるので私は周辺のサポート。  ...... [続きを読む]

« 日本はTPPを批准してはいけない | トップページ | 漁業への影響 »